JS

野外でプリケツ露出してお漏らししちゃったJSにお仕置き浣腸で羞恥撮影会

午後のやわらかな日差しが、静かな住宅地を包み込んでいる。 数人の友達と一緒に校門を出た綾は、談笑しながらしばらく歩いたのち、児〇公園の前で仲間と別れてひとりになった。ここから自宅までは、まだ少し距離がある。 さっきまでの笑顔とは裏腹に、かわ...
長編

【長編最終回】美女たちの欲望を貪る凌辱の獣!闇に消えたその正体とは

長編小説  凌辱サイコ  第16回(最終回)第四章  その4 夜の帳が下りて、あたりは完全な闇に包まれた。 幹線道路から大きく外れたこの場所には、街灯も民家もない。すぐ先にあるのは切り立った断崖であり、数十メートル下のごつごつした岩場には、...
長編

清楚系美女のお見合い浣腸大作戦!極太バイブの振動がもたらす極限の恥辱

長編小説  凌辱サイコ  第15回第四章  その3 ここは高級料亭の一室である。 丹精をつくした見事な築山や緑豊かな植え込み、さらには竜安寺の石庭を模した枯山水で人目を奪う美しい庭に、ぽかぽかとした日差しが照りつけている。 この静寂に包まれ...
長編

美少年の童貞は姉ちゃんのもの!湖畔で繰り広げられるおねショタ合体遊戯

長編小説 凌辱サイコ  第14回第四章  その2 温かい日差しに包まれた郊外の湖畔で、男子中○生が全裸になっている。 水遊びをしているうちに若気の至りではめを外したと言えば、誰かに見られても一応、筋だけは通るかも知れない。しかし、現実にはこ...
長編

ブラコン女刑事の野外調教・ヒロインの心に眠るショタ食い願望

長編小説  凌辱サイコ  第13回 「亜矢子君、あらゆる角度から検討してみたんだが、やはりきみの申し出を許可することはできない。犯人のふところに飛び込んで直接接触しようなんて、やはりどう考えても危険すぎる。相手は普通の人間ではない、われわれ...
長編

美姉妹の巨尻を襲う卑劣な遊戯・羞恥の果てに横たわる極限の悦楽

長編小説  凌辱サイコ  第12回第三章  その4 別荘は緑に包まれた山の、かなり標高の高いところにあった。 資産家である啓介の父親の持ち物だということだ。周辺の山林も多くが私有地であり、他人が踏み入ることのない鬱蒼たる敷地内は、不気味なほ...
長編

美人姉妹の壮絶キャットファイト!嫉妬と欲望が清純な娘たちを狂わせる

長編小説 凌辱サイコ  第11回第三章  その3 昼休みを迎え、学園内には静かな時間が流れていた。 しかし、ここ音楽準備室だけは様子が違っている。閉め切られた部屋に、男と女のむせ返るような汗と愛液の匂いがたちこめていた。断続的に女の激しい喘...
長編

姉の打算が希望を奪う!汚れを知らないJKを蹂躙する狂気の肉棒

長編小説  凌辱サイコ  第10回第三章 その2 数日後の日曜日。 高等部の女子生徒である伊藤雪乃は、姉の佐知子先生に連れられて啓介のマンションを訪れていた。文化祭で展示する写真パネルを作成するため、写真部顧問の佐知子の口ききで雪乃にモデル...
長編

美人教師の燃え上がる欲望・教え子の巨根が暴く清純派の正体

長編小説 凌辱サイコ  第9回第三章  美姉妹無残・悦楽と恥辱の饗宴   「警部、会議の方はいかがでしたか? 捜査本部設置の件については……」 「ダメだ。捜査本部は却下されたし、われわれが表だって動くこと自体、慎むようにと釘を刺されたよ。し...
長編

野外調教の果てに待ち受ける恍惚!少女悶絶の花火大会

長編小説 凌辱サイコ  第8回第二章 その4 学園は静かな住宅街の中にある。良家の子女が多く在籍している名門校だけに、周辺の街なみもどこか垢抜けていて上品だった。 声をかけてくる生徒たちに優雅に挨拶を返しながら、彩香は毅然とした足どりで正門...
タイトルとURLをコピーしました