2019-04

長編

美姉妹の巨尻を襲う卑劣な遊戯・羞恥の果てに横たわる極限の悦楽

長編小説  凌辱サイコ  第12回第三章  その4 別荘は緑に包まれた山の、かなり標高の高いところにあった。 資産家である啓介の父親の持ち物だということだ。周辺の山林も多くが私有地であり、他人が踏み入ることのない鬱蒼たる敷地内は、不気味なほ...
タイトルとURLをコピーしました